ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

長野県白馬村 猿倉荘

f:id:tanakamidora:20200520200427j:plain

以前ペンションクヌルプに宿泊した時に行ってきた長野県白馬村にある「猿倉荘(さるくらそう)」です。

歩いてしか行く事ができない「白馬鑓温泉」という場所がありまして、その登山口である猿倉荘がペンションクヌルプから近い場所にあるとの事なので、登山はしませんが見に行ってみました。

ということで軽く紹介していきますね。

 

f:id:tanakamidora:20200520200651j:plain

クヌルプを出て、おびなたの湯を越えて山道を進んで行きます。出掛ける前にクヌルプのオーナーの小林さんもここから車で40分ぐらい走れば着くと言っていました。

距離的にはそんなに遠くないのですが山道をぐんぐん登って行くので時間が掛かる感じですね。岐阜にも池田山っていう夜景がすごい山があるんだけど、山を登り始めてからが相当長いんだよね。

f:id:tanakamidora:20200520200259j:plain

駐車場に着きました。

この日は他に車が停まっておらず誰もいない感じでした。人は全く居ませんでしたがバイクを停めている時に無茶苦茶デカいカエルに遭遇してしまい軽く引きました。ヒキガエルの由来ってそういう事?

f:id:tanakamidora:20200520200623j:plain

6月に行ったのですが向こうの方に見える山には雪が積もってました。

山も見れて周りには木々もあって水の流れる音や鳥の鳴く声が聞こえてきます。まだ駐車場に着いただけなのに大自然の空気を十分に感じまくる事ができました。気温もちょっと肌寒いぐらいに涼しげで良い感じです。

f:id:tanakamidora:20200520200338j:plain

この辺りは標高1230mになるそうです。

ハンドルを捻ってるだけで随分と高いところまで来てしまいました。野生のライチョウが出現するようです。脅かしたり追いかけたりしないように、と看板に書かれていました。

f:id:tanakamidora:20200520200407j:plain

f:id:tanakamidora:20200520200427j:plain

猿倉荘です。

こちらの山小屋で登山届を提出してから冒険者の皆さんは旅立って行くわけですね。宿泊したり食事を食べたりする事もできるようです。売店もあり登山道具やお土産などが置いてありました。どうでもいいけど、こういうところでカップヌードルとか食べてみたいですね。

f:id:tanakamidora:20200520200506j:plain

f:id:tanakamidora:20200520200543j:plain

山荘横の登山道です。

トレッキングと登山が楽しめるリバーシブルな山岳エリアですね。でも今の私のレヴェルではトレッキングエリアの攻略どころか大雪渓ケルンに着く前にどこかで死ぬのは目に見えています。

いつか白馬鑓温泉に行ける日を目指して、山に関する知識をお勉強しつつ低い山から登って力をつけて行こうと思います。

んじゃ、今回はこの辺で終わりにします。