ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

ジャンドゥーヤで晩酌

f:id:tanakamidora:20200503150306j:plain

先日、MEGAドンキホーテでちょっと変わったお酒を買ってきたので、ご紹介します。

何やらこちらのお酒はジャンドゥーヤというイタリアのチョコレート菓子をリキュールにした物だそうです。本当は別のお酒を探してたんだけど売ってなかったからこれでいいやという感じで適当に買ってきました。せっかくだからブログのネタにしてやろうかと思います。

そしたら、いっちょやるか。

 

f:id:tanakamidora:20200503150320j:plain

ボッテガ社というイタリアのお酒メーカーが造っとるみたいですね。

普段はどのぐらいの値段で売ってるのかは不明ですが、広告の品!とポップが貼ってあって1000円ぐらいで買えました。内容量は200mlとなっているので5、6杯ほど作ったらなくなりそうですね。

ジャンドゥーヤというのは焙煎したナッツ(ヘーゼルナッツとかアーモンド)のペーストとチョコレートを混ぜて作るイタリアのお菓子の事なのだそうです。調べた画像を見た感じスニッカーズのような見た目をしていますね。私は今まで知らなかったんだけど、皆さんジャンドゥーヤってご存知でした?

まあ能書きはこのぐらいにしておいて一杯作ってみましょうか。

f:id:tanakamidora:20200503150334j:plain

まずはミドラーボルケイノで牛乳を焼いていきます。

こういうリキュールはレシピが限られてくるのでどうやって飲むかで迷いますが、とりあえずストレートで飲んでみたり、甘酒とかアイスコーヒーで割ったり、バニラアイスにかけてみたりと結構色々と試せそうですね。でもやっぱりアルコール17%だからストレートはキツいかな。

ところで牛乳を加熱しすぎてしまったようです。鍋から溢れそうなぐらいに沸騰しやがったので軽くビビりました。

f:id:tanakamidora:20200503150350j:plain

f:id:tanakamidora:20200503150405j:plain

USJで入手したバタービールのグラスで飲みます。思いのほかグラスがデカかったので一杯の量が結構多かったです。

飲んでみた感想はちょっと甘ったるい感じですが、ナッツのコクが出ているのかモーツァルトとかゴディバのチョコレートリキュールのミルク割りとはまた違った味わいで心許す一杯でした。ナッツが入っているからスタバで飲むような甘いコーヒーに少し味が似ているかもしれません。シナモンスティックとか入れてみたら良いアクセントになりそうですね。

んで、今回ホットミルク割りで飲んでみてなかなか美味しかったのですが、これは冬に出会いたいカクテルでした。最近は暑くてかなわん。次からはアイスミルク割りで飲む事にします。

では今回はこの辺で。