ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県下呂市 巌立峡

f:id:tanakamidora:20190926161102j:plain

本日のリライト記事です。

今回は岐阜県下呂市小坂町にある「巌立峡(がんだてきょう)」と「小坂の滝」を紹介して行こうと思います。天然炭酸泉のある「ひめしゃがの湯」も少しだけ紹介します。

んじゃ行きましょう。

 

f:id:tanakamidora:20190926163014j:plain

f:id:tanakamidora:20190926161216j:plain

ざっくり説明しますと、今から約54000年前に御嶽山で起きた大噴火によって、溶岩が流れて来たそうです。その溶岩が冷えて固まり、断面が露出した物が巌立と呼ばれているみたいですね。

もっと詳しい事は看板を読んでおくれ。

f:id:tanakamidora:20190926163450j:plain

がんだて茶屋。

小坂の滝を見て回る前に、こちらでご飯を食べたり休憩して行くのも良いですね。天然炭酸水で蒸した「鉱泉肉まん」やイノシシの肉を使用した郷戸料理の「しし汁」などがあります。

f:id:tanakamidora:20190926161245j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040730j:plain

小坂の滝めぐりコースの入り口です。

休憩中だったのかボックスの中に係員の人がいなかったので、勝手に賽銭箱の中に入場料の300円を入れて出発します。

 

入場料(環境維持協力金)
一人300円 中学生以下の方は対象外

f:id:tanakamidora:20190927040409j:plain

f:id:tanakamidora:20190926163046j:plain

入場ゲート付近に杖が置いてありました。

今回私は一番手頃な周遊コースを歩いて帰ってきたのですが、周遊コースの坂道は全て手すり付きの鉄骨階段が設置されていました。

三ツ滝を見て周遊コースを周って戻ってくるだけなら、杖があると逆に邪魔かもしれません。

f:id:tanakamidora:20190927040440j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040501j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040529j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040624j:plain

滝巡りコースはこんな感じですね。

川や崖を眺めながら舗装された道をのんびりと進んで行きます。川の側を歩いて行くので涼しくて快適でした。

f:id:tanakamidora:20190927040645j:plain

川の方を見てみると、でかい岩がたくさん転がってました。こんなサイズの岩が落ちてくるのかは知りませんが、この辺りは落石が多いみたいですね。

山の一番上らへんにある「根尾の滝」へと続く道路もよく車両通行止めになっているようです。

f:id:tanakamidora:20190927040706j:plain

岩から樹が生えていました。

このような環境から誕生したにも関わらず必死に伸びようとしている。凄まじい生命力です。

もし私が樹の立場だったならば「なんで周りの奴らはちゃんと土から生えてんのに俺だけ岩からスタートなんだよ。ふざけるんじゃねえぞ」と文句を垂らし成長を止めてしまうことでしょう。

f:id:tanakamidora:20190927042420j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042444j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042510j:plain

f:id:tanakamidora:20190927043516j:plain

f:id:tanakamidora:20190927043612j:plain

三ツ滝に着きました。

ここまではずっと平坦な道が続いていたので割と簡単に歩いて来る事ができましたが、この先はずっと階段を上って行く事になるので少し疲れます。

この三ツ滝は上段、中段、下段から流れてくる迫力のある滝が見れます。八百津町の五宝滝がコンパクトになったような感じでした。

www.tanaka-midora.work

 

f:id:tanakamidora:20190927042544j:plain

階段を上り続けている途中に一箇所だけ休憩できる場所がありました。

ちょいと椅子に腰掛けて持ってきたおにぎりやお弁当を食べたくなるような場所ですね。実際食べてる時は小さい虫とかが寄ってきてうざかったりメシが不味くなったりしますがね。

やっぱり山頂にある屋根付きの展望エリアなんかで食べるご飯の方が最強かもしれません。

f:id:tanakamidora:20190927042607j:plain

こういう階段を上っていると遊園地にあるジェットコースター乗り場とかの階段を思い出します。

この階段も上り始めの時は楽しいけど段々と飽きてきて疲れますね。あと初めて行く場所なので終わりが見えなくてキツいっす。でもやっぱり楽しいです。どっちなんだね。

f:id:tanakamidora:20190927042629j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042650j:plain

分かれ道に着きました。

もう疲れたので右に進んで帰ります。

f:id:tanakamidora:20190927042737j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042759j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042822j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042842j:plain

途中で変な橋を渡って階段を上ったら道路に出た末に戻る事ができました。

なかなか素晴らしい物を見る事ができて楽しかったです。

f:id:tanakamidora:20190928063124j:plain

f:id:tanakamidora:20190928063140j:plain

滝巡りが終わった後は近くにある「ひめしゃがの湯」に寄ってみたのですが、残念な事に定休日だったのでやっていませんでした。

下呂温泉はお肌がトゥルントゥルンになるアルカリ性の単純温泉がある事で有名ですが、下呂市北部にあるこちらの方では何故か天然炭酸泉が湧いています。意外と見落としがちな場所なので下呂に温泉旅行に来る時はこちらも要チェックですよ。

私も少し興味があったので一度入ってみたかったのですが、お粗末な結果になっちまいましたね。いつかリベンジしたいです。

 

入浴料 大人700円 小学生350円 小学生以下無料
営業時間 10:30~21:30
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)

f:id:tanakamidora:20190928063205j:plain

「ひめしゃがの湯」の玄関隣にある飲泉場でここはいつでも誰でも利用できます。

炭酸泉が流れ続けているからか、排水路が茶色に変色してしまってます。

f:id:tanakamidora:20190928063220j:plain

炭酸ガスによるものなのか水の底からボコボコと音を鳴らしながら泡立っていて、結構飛び跳ねて来ます。飛んできた水が服や顔に付くと硫黄のような匂いがしてちょっと臭いです。

飲むと胃腸を整える効能があるそうなので、一口飲んでみたのですが泥とか粘土のような味がして全然美味しくありませんでした。喉越しも微妙に炭酸なのが憎いぜ。

この湧き出た炭酸泉をペットボトルに入れて持ち帰り、家でしゃぶしゃぶとか湯豆腐をやってみるのもありかなって考えたのですが、看板をよく読んでみると持ち帰りは禁止されていると書かれていました。危うく違反するところでしたよ。

今回は温泉に入れなかったけど炭酸泉の味はすげえ不味いって事を知れたのが収穫だったという事で良しとしておきましょう。

では、また!