ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

君の小腸を食べたいvol.2 湯の華食堂の可児ホルモン定食

f:id:tanakamidora:20191222235941j:plain

このシリーズは、ホルモントレーナー(自称)のミドラーさんが広大な岐阜県のとある場所に存在する真っさらなタウンにさよならバイバイして憧れのホルモンマスターを目指す企画である。

ですが現在はコロナが蔓延していて外に出掛ける事ができない為、大人しくリライト記事をアップしときます。

今回は岐阜県可児市の「湯の華食堂」にやって来ました。「湯の華アイランド」という大きなスパリゾートに併設されたお食事処です。さらにその隣には新鮮な魚や野菜を取り扱う「湯の華市場」があり、入浴の前後に食事と買い物も楽しむ事ができます。

さて、本日は一体どんなホルモンに出会う事ができるのだろうか?

 

f:id:tanakamidora:20191223000107j:plain

店内の席はこんな感じでフードコートになっています。

食堂内には「湯の華亭」と「魚太郎」の2つのお店があってそれぞれお店の前にある券売機で食券を購入して料理を受け取ってからいただくという形式です。

f:id:tanakamidora:20191225215412j:plain

魚太郎のメニューです。

こちらで提供される海鮮料理は知多半島で獲れた海の幸が使用されており、新鮮な魚が現地から毎朝直送されて来ます。

丼物で人気ナンバー1のメニューは「魚屋の海鮮丼」と書かれています。写真を見てみると結構豪華な海鮮丼ですね。値段は1380円で、定食の方は1580円です。

知多まで行かないと食べれない物がここで食べれると思うとちょっとだけ興味があります。でもやっぱり値段が高いからいつも躊躇してしまうんだよね。んで結局最後は値段にビビって食べれない。

f:id:tanakamidora:20191225220104j:plain

昔食べた事のある魚太郎の「たこめし」です。いつの間にかメニューからひっそりと消えてしまったので今はもう無いですね。値段は700円ぐらいでした。

タコと炊き込み風のご飯にわさびしょうゆをかけて食べるのですが、これがかなり美味しかったです。でも、ご飯の量がちょっと少なかったかな。

f:id:tanakamidora:20191223000050j:plain

こちらは湯の華亭のメニューです。

定食、丼物、麺類、単品おつまみが揃っています。いかにも温泉施設の食堂にありそうなメニュー。と思いきや飛騨牛ステーキがありました。ステーキ定食が1880円でステーキ丼は1380円です。

この食堂には飛騨と知多の美味しいもんが集結してますね。隣にある「湯の華市場」の方でも飛騨牛や知多半島のお魚さん達が販売されているので寄ってみるのも良いですね。

それじゃ、「元祖!可児ホルモン定食」を注文します。

f:id:tanakamidora:20191223000132j:plain

「元祖!可児ホルモン定食」。

ご飯、味噌汁、漬物が付いてきて880円と、まあ普通の値段です。可児ホルモンは単品だけでも注文ができます。単品のみでの値段は580円でした。

岐阜県養老町の食肉メーカー「養老ミート」のトンちゃんと岐阜県可児市にある「味菜の家」で作った味噌を合わせた物が、こちらの可児ホルモンなのだそうです。

可児ホルモンに使用されている味噌は、「JAめぐみの味菜館」、「JAめぐみのとれった広場可児店」、「道の駅可児ッテ」で販売されているそうです。

可児ッテは時々行く事がありますが、お恥ずかしい事にノーマークでしたよ。今度見かけたら購入してみて卵黄の味噌漬けでも作ってみようかと思います。

f:id:tanakamidora:20191221182306j:plain

香ばしい味噌で炒められたトンちゃんとキャベツは家庭で食べるようなどこかホッとする優しい味ですね。とても美味いです。

可児郡御嵩町では炭鉱が栄えていた時代がありまして、炭鉱夫の皆さんは炭鉱近くにある養豚場で安く手に入れてきたトンちゃんを採掘道具のスコップを使ってホルモン焼きを作ってよく食べていたみたいですね。そんなエピソードもあって可児はホルモン発祥の地と呼ばれているそうです。

スコップを使ってホルモンを焼くのも良いですね。一度キャンプでやってみたいです。

f:id:tanakamidora:20191223000149j:plain

味噌で味付けされたホルモンはご飯がとても進みますね。

フィニッシュは余った味噌ダレをご飯にかけて一気にかき込んでいきたいところですが、ホルモンに対してご飯が全然足りません。ご飯の量は決して少ない訳はないのですが足りねえっす。

その気になったら大盛り3杯はいける気もするけど後で苦しくなるから止めとこう。

f:id:tanakamidora:20191223000228j:plain

ご馳走様でした。

湯の華市場の方では家で食べる用の可児ホルモンが380円で売っています。3個で999円で販売されている時もあるので食用、保存用、観賞用に買っておきたいところですね。

さて、普通の人なら食事の後はこのまま「湯の華アイランド」に直行するのだろうが、私はしない。何故なら最初からホルモンのみに狙いを定めてこの場所へ訪れたからだ。

本音を言ってしまえば私も温泉に入って行きたいところだが、温泉に入る事によってホルモンを食べた後の余韻まで洗い流してしまう恐れがある。残念だが今回は帰らなくてはならない。

それでも私のホルモン探しの旅はまだまだ続く。続くったら続く。