ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県関市 白髭神社

f:id:tanakamidora:20190911211407j:plain

以前書いた古い記事を空中ミドラーチョップで破壊してリライト記事を書かせていただきました。

今回ご紹介するのは岐阜県関市にある「白髭神社(しらひげじんじゃ)」です。

白髭神社の境内には、岐阜県の名水50選に指定された「お宮の清水」と呼ばれる湧き水があるので一緒に見に行きましょう。

 

本日のBGMです。


ドラクエ7 謎の神殿 BGM 時の眠る園

 

f:id:tanakamidora:20190911211502j:plain

白髭神社の鳥居です。

湧き出た水が溢れているのか、地面が濡れていてあちこちに水溜まりが出来ていました。この神社は普段からこんな風に水浸しのような状態になってるのかな?

f:id:tanakamidora:20190911211549j:plain

不伐百年の森

境内を歩き回っている時にセフィロスの刀ぐらいの長さの木の枝を踏みましてね、踏んだ木の枝がナントカの原理で起き上がってきて肩に当たりました。それで私は妖怪に背後から突然肩をトントンと叩かれたのかと思ってすげえビビりました。

そんなバカ長い木の枝が落ちている理由はきっと不伐百年の賜物ですね。知らないけど。

f:id:tanakamidora:20190911211608j:plain

境内は大きな木々に囲まれていて地面も濡れているので薄暗い森の中を歩いているみたいです。秋になると銀杏の葉っぱで辺り一面を覆い尽くすようで、それはもう大変素晴らしくエモいそうですよ。

f:id:tanakamidora:20190911211523j:plain

f:id:tanakamidora:20190911211638j:plain

東屋の近くを歩いていたら「お宮の清水」を発見しました。位置は神社の裏手辺りにあって、やたらと看板が立っている場所が目印です。

f:id:tanakamidora:20190911211656j:plain

水の底が見える程に透明度の高い湧き水です。

この湧き水は年中一定の温度が保たれていて冬でも温かく感じるそうです。暖かい井戸という事からこの辺りの地名は温井と名付けられたみたいですね。

この湧き水をイボにつけて後ろを振り向かずに帰宅すればイボが取れるという伝説があるみたいです。運転中にバックミラーで後ろを見るのはセーフなのかな?

f:id:tanakamidora:20190911211850j:plain

水路を通って流れて行きます。近所に住む皆さんは生活用水として使用しているようですね。

お宮の清水は水源は不明ですが、石灰分が多い山の間を流れてきて湧き水となった為、ミネラルを多く含んでいるのだそうです。野菜がよく育ちそうですね。

f:id:tanakamidora:20190911211754j:plain

f:id:tanakamidora:20190911211810j:plain

似たような事を記載している看板が何故か二種類並んで立ってました。

「ウォーキング 喉を潤す 宮清水」。

とても良い句ですね。目を閉じると、元気に散歩をするお爺ちゃんのビジョンが浮かんできます。

f:id:tanakamidora:20190911211826j:plain

先ほどの句、すごく良い句だったんだけど残念な事にお宮の清水は飲用水に適していない水でした。どうしても飲みたいという方は沸騰させれば安全に飲めると思いますよ。

という事で岐阜名水50選の一つの「お宮の清水」の紹介でした。関市は名水50選に指定された場所が他にも2箇所あるので、行ってきた際にはご紹介したいと思います。

それではまた!