ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

水切りヨーグルトとホエー風呂を作る

f:id:tanakamidora:20200331225121j:plain

ぶゅんぶゅん!ハローはてなブログ!おう、ミドラーだ!

今回はスーパーで買ってきたヨーグルトを使ってナウなヤングにバカウケな水切りヨーグルトを作っていきたいと思います。

実際、流行っているのかは分からないけど行ってみよう。

 

f:id:tanakamidora:20200331225227j:plain

f:id:tanakamidora:20200331225326j:plain

作り方は至って簡単。

ボウルの上にキッチンペーパーを敷いたざるを乗せて、更にその上にヨーグルトをぶち込むだけ。あとは冷蔵庫に入れて8時間ほど放置しておくとヨーグルトから水気がなくなってクリームチーズのような味と食感のヨーグルトが出来上がります。

使用するヨーグルトは何でも良いけど出来れば無糖の物を使った方が良いと思います。

f:id:tanakamidora:20200331225445j:plain

8時間後。

結構な量の水分がボウルに溜まってました。何か家の冷蔵庫の設定が強くなってたみたいでヨーグルトと水分が両方とも凍っちゃってました。まあいいや。

f:id:tanakamidora:20200331225503j:plain

凍ってるからバニラアイスみたい。気になるお味の方はなかなか濃厚に仕上がっていて本当にクリームチーズのような風味がして美味かったです。

f:id:tanakamidora:20200331225529j:plain

イチゴのスライスとラスクを乗せて食べてみました。なお、イチゴはスーパーで売っていた半額のとちおとめを使用しました。ちょっと酸っぺえけど、さっぱりしていて良い感じでした。

ちなみにこの水切りヨーグルトはもっと時間をかけて水気を切れば、より固くなってフレッシュチーズのような物に進化するのでカプレーゼなんかも作れたりしちゃうんだそうです。

ヨーグルトの出来栄えは今回は割とどうでも良いので、次回作る事があれば今度は凍らせてしまわないように気をつけて作ろうかと思います。

f:id:tanakamidora:20200331225605j:plain

水切りヨーグルトはいわば前菜のようなもんで、ぶっちゃけ私はヨーグルトから抜けた水分の方に興味があるんすよ。

この水はホエー(乳清)とかいう名前の水で詳しい事はよく知らないけどアミノ酸やら水溶性のビタミンやミネラル、乳酸菌などの栄養成分が含まれてるらしいです。

あと美容効果もあって顔や肌に塗るとスベスベになるので化粧水の代わりにもなるみたいです。

という事でこのホエーを我が家の風呂にぶち込んでちょっとした美人の湯でも作ってみようと思います。

f:id:tanakamidora:20200331225618j:plain

ホエーの匂いを嗅いでみると微妙にヨーグルトの匂いがします。あのヨーグルトを開封した時の香りね。なので、ここは「きき湯」でもブレンドして誤魔化します。

家に2種類ありましたが今回はハチミツレモンの香りが楽しめる黄色の方を使用します。ちなみに青色の方はラムネの香りです。

f:id:tanakamidora:20200331225634j:plain

きき湯を入れなくても、たかが少量のホエーなのでヨーグルトの匂いなんぞお湯に溶かしたら消えてしまうと思うけど細かい事は良いんだよ。

f:id:tanakamidora:20200331225653j:plain

出来た。ハチミツレモンヨーグルト風呂。

お湯の中にホエーときき湯を投入して湯舟をかき混ぜてたら腕がちょっぴりスベスベになってました。39度のお湯でゆっくり浸かる事によって美容効果を発揮する事が出来るかと思われます。んで、きき湯の肩こりや疲労回復の効能も加わって最強です。

ミルク風呂を愛したクレオパトラさんを現世に召喚する事ができるならば、ご一緒に入浴してピリオドの向こうに行きたいものです。つって。

水切りヨーグルトを食べた後は入浴も楽しんで二度美味しく味わう事が出来るので女性の皆さんも是非お試しあれ。

f:id:tanakamidora:20200331225709j:plain

小話!ご馳走の意味。

かなり前の事ですが、とある場所へと温泉に入りに行った帰り際に地元の人らしきお爺さんが受付の人に「風呂ご馳走さん」って言って帰ってったんですよ。このお爺さん、風呂のお湯を飲んだのかな?と不思議に思ったんですが、家に帰って調べてみたら謎が解けました。

ご馳走って聞くと誕生日とかクリスマス等のお祝い事をする日の豪華な食事を思い浮かべますね。チキンを買いにケンタッキーに行ったりケーキを買いに不二家に行ったりと文字通りに馳せて走った後、家に着いてからも忙しく食事の準備をします。

昔のお風呂も井戸から湯舟へと水を運んできて、薪を切って火をひたすら焚き続けてお湯にするので、料理と同じぐらいに労力のかかる事だったそうです。現代はご家庭によってはボタン一つで自動的にお湯が張れたり追い炊きができたりするので大変便利な世の中になりましたね。

温泉で見かけたお爺さんのお陰で一つ勉強になりました。外食に行った際はお店の背景をイメージしてみて料理を作ってくれた人に対してはありがとう、ご馳走様ですという感謝の心を持たんといかんですね。

という事で今回はこの辺で終わります。この豆知識、ほえー。ってなったでしょ。ホエー風呂なだけに。んじゃ、またね。