ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県可児市 道の駅可児ッテ

f:id:tanakamidora:20200215170312j:plain

岐阜県可児市にある道の駅「可児ッテ」に行ってきました。

可児ッテは2010年にオープンして、岐阜県内で52番目に出来た道の駅です。建物の外観も割と新しく現代風でオシャレな感じがします。

可児ッテはブログを始めて間もない頃に記事を書いたのですが今回再訪する事ができたので改めて書き直してみようかと思います。ちなみに以前書いた可児ッテの記事はミドラービッグバンで消滅させました。という事で今回はリライト記事ですね。

では早速、中に入ってみましょうか。

 

f:id:tanakamidora:20190905222000j:plain

f:id:tanakamidora:20200220143430j:plain

店に入るとまず最初にたくさん並んだ野菜や果物が目に入ります。

お野菜の側にはポップが置いてあって読んでいるだけでも結構楽しいです。

f:id:tanakamidora:20200215170621j:plain

f:id:tanakamidora:20200215170649j:plain

非売品ですが、大きなスズメバチの巣、まむしやスズメバチの焼酎漬けなども置いてあってなかなかインパクトがあります。これは田舎をあまり知らないシティーボーイやシティーガールの皆さんには少々キツいものがあるかもしれませんな。ちょっとグロいけどガン見しなければ大丈夫そうなので画像載せました。気分を害した方、ごめんね。

スズメバチの巣には子宝祈願や千客万来の御利益があると書かれていますね。でもチャイロスズメバチさんという種族は巣を乗っ取る習性があるそうなのでケースに入れずにそのまま玄関に飾ったりしちゃうと恐ろしい事になりそうですね。

あと恵那市の方ではクロスズメバチの幼虫をご飯と一緒に炊き込む「へぼ料理」という物があるそうです。岐阜の郷戸料理が大好きな私も申し訳ないけど、へぼ料理はちょっと無理っすね。

f:id:tanakamidora:20200215170714j:plain

ごぼうのスープとタマネギのスープがありました。

試飲が出来るそうなので一杯ずつテイスティングさせていただきました。

f:id:tanakamidora:20200220145430j:plain

f:id:tanakamidora:20200215170748j:plain

まるごとたまねぎスープ。

たまねぎの皮まで丸ごと使ったこのたまねぎスープはチキン粉末も入っていてコンソメスープのような味です。身も心も温まりますな。

f:id:tanakamidora:20200220145452j:plain

f:id:tanakamidora:20200215170815j:plain

お次はごぼうのスープ。こっちの方は岐阜県内の色んな場所の道の駅で売っていて試飲もできるから何回か飲んだ事あります。まぁ時々購入してるから大目に見てください。

唐辛子が入っていてピリ辛で美味しいです。たまねぎスープがコンソメ風味だとすればこっちはお吸い物ですね。

寒い時期に山登りをする方におすすめかもしれません。登山前に道の駅に寄ってって買うと良いです。山で景色を眺めながら飲むスープは格別に旨いぜ。多分。

f:id:tanakamidora:20190905214946j:plain

ナチュラルキッチンという食堂で食べれる「鶏ちゃん定食」をご紹介しますよ。

鶏(けい)ちゃんは岐阜の郷戸料理で鶏肉を野菜と一緒にタレで炒めた料理です。タレは醤油や味噌をブレンドした物を使っていて地域によって味が微妙に変わってきます。下呂や郡上に鶏ちゃんが食べれるお店がいっぱいあります。

f:id:tanakamidora:20190905215552j:plain

ここの鶏ちゃん丼はキャベツ、たまねぎの他にショウガも入っていてこれが良いアクセントになっています。甘辛くて美味しい。

f:id:tanakamidora:20200215170429j:plain

f:id:tanakamidora:20200215170407j:plain

f:id:tanakamidora:20200215170451j:plain

いろいろメニューがあります。

牛、豚、鶏、そして山菜を使用したメニューは広大な岐阜の大地を表しているかのようだ。

f:id:tanakamidora:20190905215133j:plain

ジェラートとソフトクリームがあります。

ここのジェラートは可児ッテが販売している野菜や果物が材料になっている手作りジェラートです。

f:id:tanakamidora:20190905215443j:plain

バラのミックスソフト。

春の季節に外を歩いているとよく嗅ぐような、あのバラの香りがそのまま味になったような感じです。私が何を言っとるのかしっかり伝わってますかね?

f:id:tanakamidora:20200215170909j:plain

以前、「湯の華食堂」で可児ホルモン定食をご馳走になった時に書いたウンチクはどうやらマジな話だったみたいですね。

御嵩町で亜炭をたくさん採掘していた頃の大量に余ったスコップを使って「とんちゃん焼き」を食べていたそうです。豚ホルモンは近くにあった養豚場で安く手に入れてたみたいですね。

www.tanaka-midora.work

 

f:id:tanakamidora:20200215171040j:plain

f:id:tanakamidora:20200215171102j:plain

「麒麟がくる」の影響によってイケメン化したハゲの暴走が止まらない。

近頃の田中はお土産エリアに行くと明智光秀のグッズを探してしまいます。裏切りキャラだったという理由であれほど嫌いだったハゲを無意識に追いかけてしまっている。

もはや私はハゲにDANDAN心惹かれているのではないだろうか。好きの反対語は嫌いではなく無関心と言いますしね。

f:id:tanakamidora:20200215170335j:plain

裏口から出るとにぎわい広場とオープンカフェがあります。

にぎわい広場では時々フリーマーケットや食べ物の出店等のイベントを開催しているそうなのですが、この日は何もやっていなくて寂しい感じでした。

f:id:tanakamidora:20200215171124j:plain

f:id:tanakamidora:20200215171148j:plain

無料休憩室です。

ここで道の駅スタンプを押したり道路情報を調べたりできます。観光案内のパンフレットも揃っているので、これからどこに行こうか迷った時は行ってみるのも良いですね。

 

f:id:tanakamidora:20200215171210j:plain

f:id:tanakamidora:20200215171229j:plain

戦利品の「みたけとんちゃん」を紹介します。 

家で食べる用の豚ホルモンで最初から味噌で味付けがされているのでフライパンで焼くだけで簡単に作れます。甘辛みそ味とピリ辛みそ味の二種類があります。

一袋に220g入っていて値段は360円です。

f:id:tanakamidora:20200220155303j:plain

パッケージにたまねぎ必須と書いてありましたが何も加えないままでも大丈夫です。

f:id:tanakamidora:20200220155326j:plain

堅すぎず味噌も美味しかった。可児ホルモン、大垣ホルモンと今まで地方の豚ホルモンを色々食べてきたけどこれが一番好きですね。お酒のつまみにも合うかもだけど、これはご飯でいただくのがベストやね。

 

楽天で買おうとすると値段が倍ぐらいするみたいなのでオンラインショップのリンクを張っておきまする。超美味いから勧めたい。

 

オンラインショップ - 元祖みたけとんちゃん

 

f:id:tanakamidora:20200215171253j:plain

f:id:tanakamidora:20200215171313j:plain

戦利品その2 ローズサイダー

バラのサイダーです。バラのソフトクリームといい何故バラの商品がたくさんあるのかというと可児ッテの近くには花フェスタ記念公園があるからバラ推しなのかもしれません。

f:id:tanakamidora:20190905223938j:plain

昔のローズサイダーは可児ッテのオリジナルデザインだったのだけど、いつの間にか無くなってしまったようです。

f:id:tanakamidora:20200215171333j:plain

気品溢れるバラの味だ!

微かに香るバラの匂いと炭酸の爽やかな喉越しが食後にぴったりだ。カシスやワインで割って飲んでも美味しそう。

うん。これなら俺のドリンクの項目に入れても良いかもしれない。このローズサイダーを人生のフルコースに入れようと思う。という事で記念すべきフルコース一品目の決定に乾杯して今回は終わりにしましょう。

 

田中三虎 人生のフルコースメニュー

オードブル
スープ
魚料理
肉料理
メイン
サラダ
デザート
ドリンク ローズサイダー

 

どうでも良いけどこれ完成するまで何年掛かるんだろ。それではまた。