ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

いきなり!ステーキのワイルドハンバーグを食べる

f:id:tanakamidora:20191121174633j:plain

一ヶ月振りのいきステですね。
何やら経営状況が悪化しているとの事を小耳に挟んだので助けに行ってきました。
というのは冗談で正直に言うとハンバーグが食べたいから来ただけなんですけどね。

それじゃ行ってみましょう。

 

f:id:tanakamidora:20191121174703j:plain

ランチのワイルドハンバーグを食べますよ。
300gのハンバーグにライス、サラダ、スープが付いてきて1100円です。
ライス抜きだと100円引きになるので1000円で食べれます。

と見せかけて税別表示なのでライス抜きでも1100円になっちゃうのでご注意ください。

f:id:tanakamidora:20191226222421j:plain

サラダとスープです。
前回はいきなりドレッシングでサラダをいただいたので今回はペッパードレッシングで食べます。次回はバルサミコドレッシングですね。

醤油ベースのドレッシングに胡椒とニンニクを効かせてあるようです。ペッパードレッシングもなかなか良いけど個人的にはいきなりドレッシングの方で食べる方が好きかな。

f:id:tanakamidora:20191226222437j:plain

前回あまり紹介できてなかったスープ。
牛肉とお野菜の旨みがたっぷりです。

素人の意見ですがブロンコビリーやステーキ宮みたいにサラダとスープのバーを設置すればもう少し人気が出ると思うんだけどね。

f:id:tanakamidora:20191225231145j:plain

f:id:tanakamidora:20191226222621j:plain

本日のメイン「ワイルドハンバーグ」。

今回は付け合せのコーンをブロッコリーに変更してみました。中が生焼けなので鉄板で焼きながら食べるのだそうです。店員さんがハンバーグを食べるのは初めてか聞いてくれるので、初めてですと言うと丁寧に教えてくれました。あと真ん中のホイップみたいになってる茶色の正体はガーリック風味のバターソースなんですって。

f:id:tanakamidora:20191226222524j:plain

最初はハンバーグを全部横に倒して側面を両方焼きます。
ハンバーグソースをかけちゃうと鉄板が冷めて焼けなくなるので注意です。
鉄板皿は店員さんに頼めば再加熱可能です。

あんまり関係ないのですが、鉄板皿に乗ったステーキやハンバーグを食べていると、子供の頃、朝の6時か7時ぐらいに再放送でやっていたミスター味っ子のステーキ対決で対戦相手が鉄板の上に置いてあった焼き石の秘密を探ろうとして素手で掴んでヤケドするシーンを思い出します。この衝撃的なシーンを見て一気に目が覚めたと同時に何やってんのこいつって思いました。OPの歌詞になぞってるのか知らないけどルネッサンス情熱すぎる。

ルネッサンス情熱 僕のこの手は いつも何か探し燃えてる

f:id:tanakamidora:20191226222457j:plain

焼いてる間に一口サイズに切ったハンバーグを鉄板に押し付けて焼いて一足先に食べてみました。やばいぐらい熱々でしたがジューシーで美味しかったです。美味いんだけど舌がヤケドしそうで困る。最初はソース無しで食べる事をおすすめします。

f:id:tanakamidora:20191226222543j:plain

ブロッコリーは鉄板皿を冷まさない程度にソースをかけて放置しておいたら良い具合に育っていました。

f:id:tanakamidora:20191226222647j:plain

後半はステーキソースをかけたりワサビをつけたりガーリックを乗せたりして食べてみようと思ってたのですが、そんな事もすっかり忘れて完食してしまいました。
熱々のハンバーグを何度も口に運んでいると顔面の体温が上昇して額に汗をかきます。ハンバーグは別に辛くないからと油断した矢先にこれですよ。紳士たるもの常にハンケチーフを持ち歩くべきでした。ご馳走様でした。

ワイルドハンバーグ美味しかったです。お客さんもそこそこ居たからいきなりステーキはまだまだ大丈夫じゃろ。

肉マイレージのゴールドカードを手に入れるまで私は頑張るからいきなりステーキも頑張ってください。

f:id:tanakamidora:20191226222702j:plain

最近気付いたんですが、このお会計の画像は最後シメる時に非常に便利ですね。

んじゃ、アディオス。

f:id:tanakamidora:20191226223025j:plain

ネクストミドラーズヒント「スキー場」

あえてのグリーンシーズン。