ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県可児市 天然温泉三峰

f:id:tanakamidora:20191121184803j:plain

岐阜県可児市にある「天然温泉三峰(みつみね)」に行ってきました。
ここの露天風呂がとてもお気に入りで時々入りに行ってます。
あと岐阜県ではここだけにしかない砂塩風呂があります。

という事で今回は三峰を軽く紹介してみますか。

f:id:tanakamidora:20191122204218j:plain

f:id:tanakamidora:20191122204244j:plain

玄関口です。和風な外観と中庭が素晴らしいです。
初めて来た時はまだスマホもない頃だったので間違えて旅館に来ちゃったのかな、と勘違いしてしまいました。

f:id:tanakamidora:20191122204318j:plain

お土産屋さん。
岐阜県の特産物がたくさんありました。

f:id:tanakamidora:20191122210613j:plain

f:id:tanakamidora:20191122210712j:plain

お食事処。
一回だけ利用した事があります。
周りが木々に囲まれていて良い雰囲気が出ていました。

f:id:tanakamidora:20191122210834j:plain

f:id:tanakamidora:20191122210758j:plain

お食事処のメニューです。
三峰御膳がすごく気合が入っていて一人宴会が開けそうです。

f:id:tanakamidora:20191122204045j:plain

f:id:tanakamidora:20191122204136j:plain

三峰名物のオムハヤシ。中のご飯は白い。
ちなみに皆さんは入浴する前か入浴した後、どちらのタイミングで食事をとっていますか?食後の入浴は消化不良を起こすのでご飯を食べる前に入浴した方が良いみたいですよ。

入浴、休憩、食事の順番がベストです。

f:id:tanakamidora:20191122204757j:plain

渡り廊下を奥の方へ向かって歩いて行きます。
大浴場まで地味に遠いです。

f:id:tanakamidora:20191122204346j:plain

f:id:tanakamidora:20191122204409j:plain

f:id:tanakamidora:20191122204431j:plain

畳の仮眠スペースやマッサージチェアやテレビ付きのリクライニングシートがあります。

温泉施設で時々見かけるこのマッサージチェアの無重力コースは最高です。
いつも足が上手くジャストフィットしないせいか足裏付近でローラーが高速回転しちゃって拷問かと思うぐらいにくすぐったいぜ。

f:id:tanakamidora:20191122205142j:plain

大浴場はいつも通りパンフレットを使って紹介します。
内湯とサウナ以外は全て露天風呂になっていて開放的です。
炭酸泉、シルク風呂、つぼ湯とアルカリ性単純温泉の源泉かけ流しがあります。

砂塩風呂は90分のコースになっていて砂の中に埋まりながら汗を流すみたいですね。
薬草茶、15分間の砂風呂、シャワー、リラクゼーション、薬草茶、発汗の順番で行われます。追加料金でマッサージもしてもらえます。

パンフレットに3300円って書いてあるけどこれ増税前の物だから今は3400円ですね。あと電話予約制です。砂塩風呂は利用した事がないので一度、砂に埋められてみたいです。

f:id:tanakamidora:20191122205323j:plain

毎月25、26日は風呂の日になっていて内湯の檜風呂にりんごや大根などを浴槽いっぱいに浮かべるイベントをやっています。
りんご風呂なんて金持ちがやる遊びだろうと考えていた時期が私にもありましたが、りんごの入ったお湯に浸かるとりんごの成分が体内にしっかり取り込まれて美容効果があるみたいですね。

f:id:tanakamidora:20191122204506j:plain

最後はゲームセンター。
小さい子が退屈しないように配慮が出来ていてナイスです。

 

とまぁ大体こんな感じですかね。
温泉の記事をもっと書きたいけどイマイチ伝わりにくい感じで難しいです。
でも次回の温泉レポートの時も懲りずに頑張って書いてみます。

それではまた!

f:id:tanakamidora:20191122222944j:plain

ネクストミドラーズヒント「マクる」

なんか近頃、週一で甘いもん食ってますけどまあいいや。また見てね。