ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県下呂市 巌立峡 小坂の滝めぐり

f:id:tanakamidora:20190926161102j:plain

岐阜県下呂市小阪町にある巌立峡(がんだてきょう)にやって来ました。
54000年前の溶岩が固まって出来た絶壁は圧巻でした。
今回は小坂の滝めぐりコースを少し歩いてみましょう。

f:id:tanakamidora:20190926163014j:plain

54000年前に御嶽山が噴火し、その時の溶岩が数万年かけて兵衛谷を沿ってここまで流れて来たそうです。

巌立は高さ約72m、幅約120mのすごい岩壁です。

f:id:tanakamidora:20190926163450j:plain

がんだて茶屋。炭酸泉で蒸した鉱泉肉まんが名物です。
飲み物の自販機もあるので滝めぐりをする前にここで水分や行動食を調達できます。

f:id:tanakamidora:20190927040409j:plain

今回は一番簡単な周遊コースを歩いて三ツ滝まで行って戻ってきます。
根尾の滝の駐車場までの車道は土砂災害の影響で通行止めになっていました。

f:id:tanakamidora:20190926161245j:plain

入場料が300円必要だったので、がんだて茶屋で小銭を両替してもらいました。
中学生以下の方は入場無料です。

f:id:tanakamidora:20190927040730j:plain

誰もいなかったけど賽銭箱に300円を入れて出発します。 

f:id:tanakamidora:20190926163046j:plain

ゲート付近には杖が置いてありレンタル可能です。
周遊コースを歩くだけなら持って行かなくても大丈夫かもしれません。

f:id:tanakamidora:20190927040440j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040501j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040529j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040559j:plain

f:id:tanakamidora:20190927040624j:plain

この辺りまでは平坦な道が続いていて疲れる事なく歩いて行けます。
通路の造りが木、石、鉄へと変化していって面白いですね。

f:id:tanakamidora:20190927040645j:plain

川の方を見てみるといくつもの大きな岩があります。

f:id:tanakamidora:20190927040706j:plain

岩から木が生えてますね。
凄まじい生命力を感じずにはいられない。

f:id:tanakamidora:20190927042420j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042444j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042510j:plain

f:id:tanakamidora:20190927043516j:plain

f:id:tanakamidora:20190927043612j:plain

三ツ滝に着きました。
滝の長さは上段6m、中断11m、下段5mとなっています。

f:id:tanakamidora:20190927042544j:plain

円空・座禅石と休憩所。
ここから先は階段をたくさん登ります。中途半端な休憩を取ると逆に疲れちゃうので、休む場合はここで充分に休憩をしてから再出発した方が良いです。

f:id:tanakamidora:20190927042607j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042629j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042650j:plain

道が分かれていて、初級の三ツ滝周遊コースはどうやらここで終わりのようです。
真っ直ぐ進んでしまうと修羅の道へと続くので右の道に行きます。

f:id:tanakamidora:20190927042713j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042737j:plain

f:id:tanakamidora:20190927042759j:plain

行者橋を渡って少し進むと根尾の滝へと続く車道に出ます。
ここから車道を歩いて巌立の駐車場まで戻りましょう。

f:id:tanakamidora:20190927042822j:plain

落石注意です。
注意と言っても落ちてきたらどうしようもないのですが、注意して行きましょう。

f:id:tanakamidora:20190927042842j:plain

ここを下りると、がんだて茶屋の裏手に出ます。
写真を撮りながら休憩せずに一周すると約20分ぐらいのコースでした。
もっと色んな場所に行って体力がついてきたらまた挑戦してみたいですね。
それでは、また! 

 

www.tanaka-midora.work

www.tanaka-midora.work