ミドラー探訪記

旅を愛する男の記録 この世の全てをここに置いていきたい

岐阜県高山市 桜ゲストハウス

f:id:tanakamidora:20190915215149j:plain

高山市周辺を観光した時にお世話になった「桜ゲストハウス」の紹介です。 
滞在している数日の間こちらを拠点とさせていただきました。 

 

f:id:tanakamidora:20190915215338j:plain

宿泊料金は一番安い男女共用のドミトリールームにしてもらって2500円でした。
同じ値段で女性専用の宿泊部屋もあるので女子旅の方におすすめです。
個室にした場合や大型連休に宿泊する場合などは料金がもう少し掛かります。

 

ドミトリー男女共用二段ベッド(8人部屋) 
平日2500円 土曜日2800円

ドミトリー女性専用二段ベッド(6人部屋)
平日2500円 土曜日2800円

エコノミープライベート(1~2人用)
1名利用 平日4000円 土曜日4800円
2名利用 平日5800円 土曜日6400円

 

f:id:tanakamidora:20190915215443j:plain

玄関のすぐ隣にある食堂です。
テレビ、キッチン、冷蔵庫、パソコンなどあります。 

電子レンジやトースターもあり調味料もある程度揃っているので近くのスーパーやコンビニで食材を買ってきて料理を作る事ができます。

f:id:tanakamidora:20190915215525j:plain

2階に泊まる部屋があるので階段を登って行きます。
1階の廊下の先にはシャワールームと有料の洗濯機、乾燥機があります。

f:id:tanakamidora:20190915215632j:plain

2階に上がった場所にある談話ができるスペース。
雑誌や漫画が置いてあり貴重品を保管できる鍵付きロッカーがありました。 

f:id:tanakamidora:20190915215710j:plain

今回2泊したドミトリールーム。
平日に利用したのでガラガラだったのでベッドは下段を確保できて上段を使うほど利用客もいませんでした。

ベッドはカーテンで仕切る事ができて中に照明やコンセントもあります。ドミトリーはちょっとした秘密基地で過ごすような感じがして楽しいです。

f:id:tanakamidora:20190915220048j:plain
ゲストハウスで出会った友達と一緒に観光を楽しんだ後に一緒に買出しをして夕食を作りました。 旅先についてはまた別の記事で書くかもしれません。

今回は高山ならではの郷土料理を使って晩御飯を作りました。

f:id:tanakamidora:20190915220133j:plain

道の駅などで買えるお土産用の朴葉味噌を買ってきました。

ホオノキの葉の上に味噌を乗せてキノコや山菜と絡めながら焼いて食べる郷土料理で、白いご飯にとても良く合って美味しいです。

葉っぱを水に漬けて10分程度放置しておかないと焼いてる時に燃えるので注意しましょう。味噌が沸騰しだしたら出来上がりです。

f:id:tanakamidora:20190915220218j:plain

出来上がりました。名付けて「友情の飛騨スペシャル2019」。 

f:id:tanakamidora:20190915220516j:plain

飛騨紅かぶ漬けは酒のつまみに最高でした。 

f:id:tanakamidora:20190915220612j:plain

朴葉は食べる事ができないのでサンチュで肉を包んでみました。
豚肉と一緒にみじん切りにした椎茸を混ぜてあります。唐辛子や刻んだネギを入れても美味しいです。

f:id:tanakamidora:20190915220642j:plain

夜は酒を飲みながら語り尽くしました。そして翌朝、惜別の時。
どこかで会えたらまた呑みませう。